声優学校アレコレの特色やレッスン等を比較解説

>

声優養成学校で学ぶ科目等とレッスン内容

盛り沢山な科目とレッスン内容の例

各養成学校等では何に特化した声優を作るかにより科目やレッスン内容も変わってくる様ですが、ここではごく通常と思われるものプラスアルファで紹介します。
全日2年制学校で行われるレッスン例では、安定した発声の持続を計り喉を保護する腹式呼吸・発声から始まり、喜怒哀楽から様々なキャラクターの繊細な感情を表現する感情開放、音読で読む・喋って語るの違いを把握するナレーション、実践スタイルで行うマイクワーク等を行います。
他、プロフェッショナルイズムなどを学ぶヴォーカルメソッドやオーディション対策、自己PRやナレーション・台詞のサンプルを作るヴォイスサンプル収録(宣伝材料の質を上げ自己の個性を理解)等もあります。
養成所で目を引いたのは日舞・洋舞(演技者として基本的必須要素、自然な身体の動きを習得)等で、演技にしても演技Ⅰ演技Ⅱと詳細に演技指導が入ります。
台詞も暗記、読み方以外に演技力が必要だと云う事の様です。

大切な基礎練習

声優養成学校等で行われる科目は、楽しいものばかりではない様です。
特に基礎練習と呼ばれるモノは、アフレコ等声優らしい練習ではない為なかなか精力的に練習するのが難しいらしいですね。
ですが、これが声優の基礎となる、木でいえば幹部分に当たる大事な練習だと言います。
養成所でも学校でもこの基礎部分は必須の項目であり、運動をする前の準備体操的な意味合いも兼ねている様です。
まず「滑舌」は人にモノを伝える為にハッキリと分かり易い言葉が必要不可欠なのは勿論の事、総体的に芝居を大きくする為の練習だと云う事です。
次に「筋トレ・腹式呼吸」は声量や肺活量を上げ安定、持続した声を出す練習で、喉を傷めない様にする為でもある様です。
最後に「声量トレーニング」は発声練習によりイントネーションを直し、訛りから標準語に、また標準語から訛りへと自在に言葉を操れる様にする為の練習であると言います。
要するに、自発的な練習です。


この記事をシェアする